Amazonでお得な買い物

アムウェイクイーン(Amway Queen)フライパンをレビュー

皆さん、炊飯器のセットを忘れて焦ってしまうことはありませんか?

そんなとき、アムウェイクイーンのフライパンを使えば「20分」で2合の米がとっても美味しく炊けます。

他にも、「焼く、揚げる、炒める」などいろいろな料理に使えておすすめのフライパンなので紹介したいと思います。

目次

アムウェイクイーン(Amway Queen)の評価・レビュー

アムウェイクイーン(Amway Queen)」を使ってみた感想・評価をレビューしていきますね!

「多重構造」による熱伝導性アップで調理時間を短縮にする

アムウェイクイーン(Amway Queen)」は多重構造になっているため熱の伝わりが良く具材に対して効率的に加熱することができます。

我が家は熱センサー付きのガスコンロを使っているのですが中火でもセンサーが反応するくらい熱伝導性は良いです。弱火でも短時間で十分火が通りますよ。

フライパンにしては重いのは致し方なし

アムウェイクイーン(Amway Queen)」は熱伝導性が良い代わりに多重構造ゆえ重量が重いです。我が家にあるフライパンの中では一番重い。

このあたりは調理時間とのトレードオフと捉えて致し方ないものと考えます。

開封したての新品のフライパンです。

手前が「中」奥が「大」フライパンです。大きさが違います。

フライパン蓋は密閉されて蒸気を逃さないが開けにくいのがデメリット

熱が冷めると蓋がくっついてあかなくなります。焦らないで、再度コンロで火を入れて温めればすぐ蓋が開くので安心してくださいね。

圧倒的に米が美味しくなる

いつも中フライパンでお米を炊いています。今回は、2合炊きのやり方を書いておきます。

⚠水加減はお好みなので、何度か炊いて調整してみてくださいね。我が家は米が立つ程度の炊き加減にしています。

STEP
中フライパンに、米カップ2杯すりきりで入れて米を数回洗い、水気をきります。

米カップ2杯分すりきりで入れます。

2合分です。

何度か洗ったら水気を切ります。

STEP
水気をきった米と、米カップ2.7杯の「水」を入れます。

水気が切れたら、中フライパンに入れます。

2合は水カップ2.7杯入れます。水加減はお好みです。

STEP
炊きたいタイミングで火を付けます。
中フライパンの蓋をしてから沸騰するまで「強火」→沸騰したら「弱火(とろ火)」で10分→蓋を少しだけずらして「10分蒸らす」→完成

最初は「強火」です

ふたが「カタカタカタ」と音がして沸騰してきたあたりで「弱火」にして10分。

蒸らしている時に蓋を少しだけずらしてください。忘れたら弱火で鍋を再度温めてからはずしてくださいね。

米が立つ程度の炊きあがりです♪とっても美味しいです。20分でお米が炊けるのは嬉しいポイントです。

米の炊き方は「シンプル」で全く難しく有りません。

「簡単」&「時短」になります。

フライパンに火が通ったかどうかは水滴を垂らして確認しよう

フライパンに火が通ったことを確認するためにまずは水滴を垂らします。水滴がパチンコ玉のようにコロコロ転がれば美味しく焼ける目安になります。

無水・無脂調理による汚れは「金属たわし」でキレイに落とせる

アムウェイクイーン(Amway Queen)」のフライパンにこびりついた汚れは「アムウェイの研磨パッド / スクラブバズ – ステンレススチール」でゴシゴシ擦ればすぐに洗い落とすことができますよ。

個人的にフッ素加工などのコーティングされているフライパンに比べると「アムウェイクイーン(Amway Queen)」は汚れが付きやすいかな?と感じました。


アムウェイクイーン(Amway Queen)で作れる料理

アムウェイクイーン(Amway Queen)」で作った料理の記事はこちら。

どれも美味しく作れます。我が家の定番料理なので、気になる記事をぜひ読んでみてくださいね。

ローストビーフ
肉豆腐
中華丼
すっぽん雑炊
真鯛のポワレ
チーズケーキ
タルトタタン

まとめ

アムウェイクイーンのフライパンは我が家の料理にはかかせないキッチングッツです。

一家に一台あって良い満足度の非常に高い商品です
我が家は「中」「大」フライパン2つもっていますが、作る料理にあわせて使い分けができるので両方持っていても損はないなと個人的に思います。

・熱の通りが良く、「時短」&「美味しく」調理ができる
・お手入れが簡単
・おかずからデザートまで幅広い料理に使えて使い勝手抜群

少しだけ「重い」だけ。
・・・ただ某ルクルー○よりは全然重くないです。フライパンで比較すると少しだけ重いかな?といった印象です

アムウェイ クイーン 大フライパン(箱なし) Amway
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる