Amazonで年に一度のブラックフライデー開催中

【母直伝】朝ごはんやお弁当にぴったり「鶏そぼろ」の作り方を紹介

オススメ度
調理時間 20分

今回は、母直伝の鶏そぼろの作り方を紹介します。

母が教えてくれたレシピです(*^^*)娘のごはんやお弁当、大人の朝食にもぴったりです♪鶏そぼろに加えて、炒り卵や焼き鮭をのせても美味しいです

目次
スポンサーリンク

材料(作りたい量でOK)

材料は、こちらです。

・鶏挽き肉  作りたい量
(鶏もも肉を今回つかったら冷めても油が出ず扱いやすかったです。個人的には鶏もも肉の挽き肉が好きです)
・生姜  ひとかけ
・醤油  適量
・酒  適量
・水  適量
・本みりん  適量
・砂糖  少々

作り方 (約20分)

STEP
アムウェイの中フライパンに、鶏むね挽き肉と生姜をすりおろして入れます。
STEP
お水、醤油、本みりん、酒、砂糖をお好みの味付けで入れて火にかける。水気が飛ぶまでしっかりと火を通す。

味付けは完全にお好みです。今回は、生姜を効かせてみました。

ぐつぐついうまでは中火よりの強火。グツグツしたら弱火よりでしっかり水分を飛ばしきるまで火を通します。

STEP
水分がしっかりと飛んだら、鶏そぼろの完成です。

鶏むね挽き肉は油分が少ないので、温め直さずともそのまま温かいごはんにのせて美味しくそぼろ丼としていただくことができました(*^^*)

created by Rinker
フンドーキン
¥726 (2022/12/01 03:15:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,202 (2022/12/01 03:15:38時点 楽天市場調べ-詳細)

感想

さっぱりしていて、とても美味しいです!鶏むね肉の挽き肉を使うとあっさりと仕上がります。

あっさりしているのが好きでない方は、鶏もも肉の挽き肉がおすすめです。旨味がでます!
母はいつも鶏もも肉で作ってくれます。鶏むね肉より鶏もも肉で作るほうが断然美味しいのよね〜とアドバイスをもらったので次回は鶏もも肉でつくりたいと思います♪

鶏そぼろ丼の具でおすすめなのは、「炒り卵(味付けせず)、焼き鮭のほぐし(西京漬け)、海苔」です!

一度作ると、当分食べられます(*^^*)

朝食にもつくっておくと便利なので、ぜひ夏休みの間など楽をしたい時にぜひつくってみてください。美味しいですよ〜♪

最近つくった料理の記事です。気になるものがあったら読んでみてください♪

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、いっさん夫婦です。娘2人と4人で関東に暮らしています。食べることをこよなく愛するグルメ好き夫婦。基本的に美味しいと思った料理を投稿していきます。
美味しい情報がありましたらコメント欄に投稿していただけると嬉しいです。

コメント

コメントする

目次